読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ex

PSSと一緒に山梨から名古屋〜大阪行っちゃおう☆ツアー(2日目)

ふと目覚めると知らない天井。ああ、俺大阪にいるんだ。時間はまだ朝の5時、昨夜の赤ワインが頭に残っているけど、iPhone充電しないとな、とむくりと起き上がり各種バッテリーの充電をセット、もう一眠りする。8時頃起き、シャワーを浴びてホテルをチェックアウト。大阪の朝だ!


ツアー参加者とNU茶屋町店で待ち合わせし、皆で遅めの朝食。




朝食後はぶらぶらとウィンドウショッピングなぞを楽しむ。

その後、今日の会場であるタワレコNU茶屋町店に移動。




「さよなら惑星」以外のPeach sugar snowのCDは店頭在庫限りになるので(まだ物販でも買えますが)気になった方は是非買い逃がしのないように。

初めて見るNU茶屋町店のステージ、他の店舗のようにライブのたびに什器類を移動させるんじゃなくてちゃんとした常設の立派なステージだ!




ここ大阪が最後のリリースイベントということで演者もヲタ側も気合が入る。

これにてPeach sugar snow 5thシングル「さよなら惑星」リリースイベントは全て終了。お疲れ様でした。俺も無事全通達成出来ました。

そして(宿題が残っている)Peach sugar snowを早く家に帰したいとのことで早々に帰路に就く。

ガイさんからこれから時間あるなら会いに行くって言われていたんですがすいません、そういう理由で長居できませんでした。


帰りに立ち寄ったPAにて、3月に行く予定だった大阪遠征で食べようとしたが叶わなかったポテそばを発見、食す!

食べた感想は以下の通り。

まあ、想像通りの味だったが、これにて大阪のリベンジは完遂、満足だ。

21時過ぎに山梨着。小林先生、きよきよ号の長時間の運転お疲れ様でした。

「Peach sugar snow」という結晶は砕けて散った - ex

2015年3月15日、2年前に生まれ落ちたこの吉祥寺の地で「Peach sugar snow」という結晶は砕けて散った。


しかし、一欠片の希望が残った。

「一欠片の希望」こと、若干12歳のあいなは見事「Peach sugar snow」の復活を遂げ、結晶は再び輝き出した。