読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ex

「Peach sugar snowインタビュー」裏話

http://www.girlpop.jp/interview/141010/01/
昨年の話ですが、ガールポップスケジューラー(旧名:アイドルスケジューラー)にて、ウィスパーボイスアイドルPeach sugar snowのインタビュー記事を担当しました。


タワレコ新宿店で試聴してちょっと面白そうだなと思い買ったのがデビューシングル「ひとときでも」。2013年春。

正直まだまだ荒削りだし、あまりに子ども子どもしてるんで在宅の楽曲派で通そうと思ってた。

セカンドシングル発売時にはタワレコで大々的に扱われたので「ああ、あの子らかぁ…」と思ったがやはりそれ以上ではなかった。2013年冬。

それからまたしばらくしてTwitterのタイムラインを見ていたら飛び込んできたのがこの写真だった。
https://pbs.twimg.com/media/BiiuBujCQAAbAZ7.jpg

https://twitter.com/_d_o_n/status/443795907989880832
どんさんの撮られたPeach sugar snow@新宿ロフトでの桃香の写真。2014年春。

「えっ、Peach sugar snowのセンターのあの子がこんなに大きくなったの?」

小6から中1なんて確かに成長期ではあるけども、わずか半年見ない間にここまで変貌していたとは驚いた。(ジャケット撮影時期の時差があるとはいえ)

サードシングル「人魚〜泡になって消えても〜」のジャケットでもさらにその成長は見て取れた。そして、三枚目にして楽曲の完成度もかなりのレベルに達していたのにもまた驚かされた。

そして慌てて現場に通うようになる。このクオリティと成長の早さは今見ておかないと絶対後悔すると思ったから。

当時、ネットでPeach sugar snowのことを調べようとして検索しても多くの人の目に触れる充実したインタビュー記事が無かった。無ければ自分で書くかということで、TIF終了後かつリーダー桃香のミスiD2015個人賞受賞後の絶好のタイミングで書かせてもらうことになった。



Peach sugar snowが所属するK&Mミュージックはファンクラブを大事にしていて、しばしばファンクラブ向けイベントが企画されている。この春もPeach sugar snowがファンと一緒にライブ会場に行くバスツアーが企画された。しかし、そのバスの中での写真がネットで変な風に曲解されバッシング、炎上することとなった。

「子どもにキャバ嬢みたいなことさせやがって」「絶対将来ビッチになる」「ロリコンきめぇ」など。

ロリコンきめぇ」は個人の感想なのでともかく、それ以外は完全に外野からの憶測と偏見に過ぎない。別件だが、ヲタが女子小学生を抱っこしたりツイスターゲームをしている体のチェキがまとめサイトに恣意的に掲載され、あたかも子ども達をターゲットにした「抱っこ会」なるイベントが実際に存在するかのようにネット上で一人歩きしている事案も同時期にあった。

せっかくの優良な楽曲なのにそういったネットに蔓延る実像と違う偏見に埋没させるのは勿体ない。そのために現場の責任者である小林清美先生にこの騒動に直面した当事者としての率直な意見を聞いて記事としてネットに残したかった、というのもこのインタビューの目的の一つでした。



<参考文献>
杉作J太郎の現代芸術マガジン#77 peach sugar snowインタビュー前編(インタビュアー:内田名人)
杉作J太郎の現代芸術マガジン#80 peach sugar snowインタビュー後編(インタビュアー:内田名人)
杉作J太郎の現代芸術マガジン#264 小林清美先生インタビュー(インタビュアー:内田名人)