読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ex

第1回アイドルちんイベント@SHIBUYA-AX

http://genic.tv/idolchin/event/index.html
あれ、今日の会場AXで合ってるよね?と思うくらいAX前の広場に人がいない。広場歩いてるの俺ともう1人くらい。こんなにガラガラなAX来るの初めて!さすがにフロアにはそこそこ客はいたけど、それでも300人弱くらいか。

番組のアイドルちんは普通に面白いし、このメンツがAXに集まるなら見てみたいなという程度の興味でチケ発売初日に飛びついて買った情弱だったので、物販メインのイベントだったとは知らなかった。物販系イベントと言われると思い出すのがクラブチッタで行われた「らぶドルパーティ」。はてなでは触れたこと無かったのでmixi日記から転載。

2006.08.19に行われた『らぶドルパーティ』。チッタの入り口に大々的に関係者入り口があり、一般はその脇の狭い所が入り口になっている段階でイヤな予感したんだけど、実際入ってみるとあの広いチッタがガラガラ。多分100人入ってなかったんじゃないかなぁ。
物販系イベントと名付けられたこのイベント、名前通りそのまんま、普通ライブ後にやる物販をライブ中にやるというまあヲタなら一度は考えるような感じのイベント。あの広いチッタに口の字型に壁と島とでテーブル並べて、そこでライブ中ずっと物販やってるだけなんだけどね。う〜ん、都産貿のオンリー即売会の方が混んでるよなぁ・・・。
目玉と思われる福井裕佳梨は「ファンクラブ出来ました〜」という報告だけしてとっとと次の仕事場である幕張メッセに行っちゃうし、嘉陽愛子なんて50人くらいの客の前で歌ってるんだぜ。あの嘉陽愛子が!!!あり得ねぇよ。こっちは嘉陽愛子見れて良かったけどね。

↓少ない客の前で歌う切ない嘉陽愛子。写真見返したら50人もいなかった。

アイドルちんの有料チャットも色々言われてるみたいだけど、かつてデジドルチャットやアイドル丼チャット、スターチャットなどで大枚叩いてた俺からすれば大したことない(アイドルだけではなく貢献したヲタのランキングも公開されていたのだが、俺はかなり上位に食い込んでいた)。つか地下アイドルチャットなんて今では完全に死滅したのに。TV番組ベースのメジャーアイドルイベントだけどやってることは昔の地下アイドルイベント寄り。


イベントは1曲のみのライブと自己紹介、それにメインイベントであるアイドルとのふれあいタイムで構成されている。1曲しかやらないのはかなり物足りないがなんせイベントの時間が2時間(19:00〜21:00)しかないからね。ふれあいタイムでは客席前方にそれぞれのアイドルのブースが設置され、ブースのアイドルの前に下僕たるヲタが1列で並ぶ。

システムは複雑そうで明快。入場時に渡された3,500ちんポイント分の投票券1枚と、会場内で購入出来るちんポイント券(1,000円で500ちんポイントx2枚、2,000円で500ちんポイントx5枚)があり、アイドルちんたちは物販やふれあいを通してそのちんポイントの獲得数を競う。ヲタは推しの順位を上げるためにちんポイントを購入し続けなければならない完全搾取システム!グラドル組はステージで「ちんポイント」を連呼!

物販は1枚500円のアイドルちんオリジナルフォト数点とクリアファイル。事前に購入したちんポイントでそれらのアイテムと交換出来る。とりあえず特に推しのいなかった俺は1,000ちんポイント購入し、トマパイのWADAちゃんとHINAちゃんで500ちんポイントずつ消費。空いてたから。でも物販兼ふれあいタイムは混んでようと空いてようと一人30秒で強制終了されるので、普段長蛇の列で並ぶのを諦めてるももクロ回った方がお得だったかも知れない。あ、HINAちゃん髪下ろした方がかわいいな。

最後、MCのゴー☆ジャス(またゴー☆ジャスの起用が地下っぽい)の「アイドル!」「ちん!」というコール&レスポンスに、「ボンバイエ!」ってレスしてるのが面白かった。俺もゴー☆ジャスのアイドルボンバイエ行ってましたからね。まあ、総括すればマジヲタにはおいしいイベントだったと思います、と適当に〆。