読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ex

文学フリマ→破滅*ラウンジ

event

起きたら雨降ってたんで回避の方向だったんだけど、なおみちゃんから「今日文フリ行かないんですかー」と完全に誘われたのでそりゃ行かないわけにはいかないだろう!と言うことで行ってきた。

蒲田駅着16:45。会場であるPiOに到着すると既に撤収が始まっていた。あー16時終了なのね、17時までやってると勘違いしてた。なおみちゃんを探してロビーに出ると目の前には三島賞作家の東浩紀が。おっと。会場のど真ん中で手を振るなおみちゃんと合流し、Simpleさんを紹介してもらう。Simpleさんとはこれが初対面。実は二人ともさやわかさんがやっていたサイト「ニーツオルグ」のラジオDJだったのだ。
そう、この日の真の目当ては文学フリマではなく、文フリの併設イベントとして開催される西島大介さんとさやわかさんの「ひらめき☆マンガ学校」を見に来たのだった。久しぶりにさやわかさんに会いたかったし。
http://hiramekimanga.typepad.jp/blog/
そしてもう一つ、西島大介さんに挨拶したかった。西島さんには古くからアニオタニュースの読者であることを公言していただいていたので是非一度お会いしたかった。
http://radical.at.infoseek.co.jp/
まだ残ってた。恥ずかしいね。「西島さんとお友達」の人とは他ならぬさやわかさんの事。さやわかさんと西島さんが出会った頃、さやわかさんのことを西島さん的には「アニオタニュースからリンクされてるムーノーローカルの人?」という認識だったと聞かされていた。その認識はどう考えても逆だけど!
久しぶりに会ったさやわかさんはボーズになってた。みかさんはさやわかさんの服がヘンだと言っていた。さやわかさんもみかさんもPerfume代官山UNIT以来かな。その前はPerfume新宿ロフトだったので完全にPerfume繋がりと言える。ニーツオルグラジオではインディーズ時代の初期Perfumeがガンガン掛かっており、古参ファンを形成している一派を作り上げたと言う意味で界隈に及ぼした影響が大きいと思うのだがどの書籍にも書かれていないのでここに書き留める。

イベント終了後、なおみちゃんとSimpleさんに「ちょっと西島さんにガツンと挨拶行ってくるわ!」と勢いよく行くも、ファンに囲まれている西島さんに話しかけるタイミングが掴めずにアワアワ。最近物販でサイドアタックする機会ないからスキル落ちてるなぁ・・・。話の切れ間に潜り込んでようやく喋り掛けることが出来、改めて挨拶。こんにちわラジカルです。「・・・ああ、アニオタさん!?」西島さんまでアニオタ呼ばわり!「最近はアイドル方面行ってるんですよね」ええ、アイドル現場面白いですよ、アイドルそのものよりもヲタの人生が垣間見える辺りが。イベント中もそうだったけどとにかく西島さんは喋りがうまい。さやわかさんの喋りのうまさはニーツラジオ聞いていて分かっていたんだけど、イベントよくやってるせいか話術が長けてるなぁ。西島さんにはガッチリ握手してもらった後に抱擁までして頂いた。会場中の西島ギャルズからの視線が心地いい。



蒲田から移動、なおみちゃんSimpleさんと別れ、破滅*ラウンジ*1が開催されている渋谷へ。渋谷駅中央改札口で本日2回目の三島賞作家・東浩紀とすれ違う。明らかに破滅*ラウンジからの帰りだなー。破滅*ラウンジは本日が最終日と言うことで知り合い多め。HTC*さんやイーヤン、フチザキ、Gonbuto、けしー、junkMA、そして破滅クルーら。しかしここでコミックナタリーと会うとは。コミックナタリーと西島・さやわかに騙された*2ひらめき☆マンガ学校の生徒達の現在を蒲田で見てきたばかりなのに・・・。
http://natalie.mu/comic/artist/7719

2009年に講談社BOXによる企画「西島大介のひらめき☆マンガ学校」に生徒として参加。「参加者全員をマンガ家にする」という同校のコンセプトに従って、同年8月、商業デビュー作のないままコミックナタリーに登録され、マンガ家となる。

ひどい、ひどすぎる。
破滅*ラウンジでの写真。修正するのが面倒くさいから人の顔が写ってないのを選んだらなんだか全然人いないみたいに見えますが実際には人だらけです。

うしじま*ラウンジの時のうしじまさんの一部。

最後に梅ラボ、嘘、黒瀬、糸柳、ゆいせきらが胴上げされてEND。これから1週間くらい掛けて会場を掃除するらしいが、PC以外は全部燃えるゴミでいいんじゃないですかね。フチザキさんを渋谷のおうちに送りがてら小麦房でうどん食って帰った。

*1:正式には「破滅*ラウンジ→再生*ラウンジ」

*2:西島・さやわか曰く。