ex

ふたりのDOB君

DOB君といえば村上隆、とばかりにもう一人のDob君である重藤賢一氏の存在が忘れられている模様なのでここに記す。残念ながら手元に資料が無いので記憶だけを頼りに書くよ。
重藤賢一氏は博多出身のバンド「Date of Birth」のメンバーであり、他のアーティストのプロデュースや、多岐に渡るジャンルとのセッション、デザイナー、CGクリエイターでもある多才な人物。(だがその一方でもう一つ空回りしている*1印象も。)
その重藤賢一氏が生み出したキャラクターが「Dob君」であった。DOBはもちろんDate of Birthの頭文字*2であるのは言うまでもない。99年にはプレイステーションのゲーム*3も発売されている。
(↓重藤賢一のDob君)
http://www.dstorm.co.jp/gallery/big/dance.jpg
http://www.dstorm.co.jp/gallery/big/lazy.jpg

一方、村上隆氏は1994年にDOB君を創作*4。DOBの意味については次のように述べている。
http://www.casio.co.jp/QV-Magazine/network/vol25/

ところで代表作のDOBくんですが、DOBってどういう意味なんですか?

村上  ニューヨークのMOMAが"Museam of Modern Art"、みたいな頭文字のシャレです。あれは「どぼじでどぼじでおしゃまんべ」というギャグのアタマの音を取って「DOB」。

という感じで、なぜDOBであるかの動機づけがイマイチ薄い。つうかDOBは「MOMAみたいな頭文字のシャレ」じゃないのでこの会話自体かみ合ってない。
(↓村上隆のDOB君)
http://images-jp.amazon.com/images/P/4568103258.09.LZZZZZZZ.jpg
別にDOBじゃなくても成立するデザインである。ミッキーマウスというよりは「魔太郎がくる!!」の切人*5か?
この後どんどんデフォルメ化が進み、スーパーミルクちゃんの田中秀幸テイストを経て現在の形に変態する。

重藤氏のDob君がCG雑誌等で積極的に取り上げられたのは97年頃と記憶しているが、これは3DCGキャラクターとしてのDOB君であり、グラフィック・意匠としてのDob君はそれ以前から存在している。
http://homepage2.nifty.com/ajico/recommends/20020428/
これは1995年だが、残念ながらインターネットではこれ以前の情報は得られなかった。

ふたりのDOB君に共通しているのは、DOBという名称、DOBのアルファベットを顔の1部分として表現していること、考案した時期が近いなどがあげられるが、当の本人同士が「全く別の発想から、全く別のアプローチで、それぞれのDOB君が出来た」と納得しあっている*6のがどうにも気持ち悪い。現在Date of Birthは活動を停止、かたや村上隆は着実に名声をのばしうっはうは。明暗がはっきりと分かれた。
まあ、アニメでDOB君が動いたのはDate of birthの方が先だったんだけどね。俺の中ではDOB君と言えば重藤賢一のDob君である。

*1:http://www.apple.co.jp/news/1995/jun/081music.html

*2:Date of Birthは後に正式名称を「DOB」と改名

*3:http://web.archive.org/web/19991104141758/www.memex.co.jp/dob/GamePage/index.html

*4:http://love-chara.cool.ne.jp/nen-90.html

*5:http://www3.plala.or.jp/sukekiyo/nenpouchou/nenpouchou1.htm

*6:どこで読んだか忘れてしまったが、重藤賢一かその関係者かが村上隆のDOB君との関係について答えていたのを読んだことがある。memexの日記だったかな?